音楽で目覚める方法 やってみた

どーも、還暦少年です。
1日を気分良くスタートすると、その日1日充実した1日になりやすいという調査結果があるそうです。
そこで、心臓に悪い音を発する目覚まし時計のアラーム音ではなく、音楽で気持ち良く目覚めるようにしてみました。

やってみると、どれも一長一短がありまして、簡単にはいかなかったので書いておきます。

スマートスピーカー

一番簡単と思われたのは、スマートスピーカーを使うことです。
私は、近頃ほとんど使っていない Amazon のEcho(アレクサ)に呼びかけました。

私「アレクサ、明日の午前6時50分に、●●の楽曲を聞かせて」

1度め
アレクサ「すみません、よくわかりませんでした」
私「…」

2度め
アレクサ「●●のAmazon Musicの楽曲をシャッフル再生します」
♪♪… すぐに音楽再生
私「…」

以降、何度やっても上手くいきません。

ちなみに
私「アレクサ、明日の午前6時50分にアラーム」は、認識します。音楽をタイマー再生しようとするとダメなんですね。相変わらずのポンコツぶり( ;∀;)

iPhone/iPad のアラームに音楽を設定する

iPhone/iPad の「時計」アプリにあるアラーム機能を使うと、アラーム音を「ミュージック」アプリ内の音楽にすることができます。

メリットは、設定が簡単なことです。また、曜日によって起こす音楽を変えることができます。
デメリットですが、やはりスピーカーが小さいので、音が貧弱なことでしょうか。

ラジカセやミニコンポのタイマー機能

タイマー再生の出来る機種では、朝決められた時間にCDやUSBメモリ内の音楽を再生するように設定できます。
しかも、再生の開始時間も終了時間も自由に設定できます。

やはり気に入った音楽をマシな音で聞いて目覚めるなら、この方法です。
ただし、こういう使い方をする人は少ないのか、取扱説明書の説明が簡単すぎることがあります。私が持っているのもそうで、おかげでUSBメモリ内の音楽を再生する積りが、何度やってもラジオ再生、成功したのは4回目の朝でした。( ;∀;)

ラジオで我慢する

CDやUSBメモリなどに入ってる音楽でなくて、ラジオ音声で良いなら他にも選択肢が広がります。たとえば…

クロック機能付のラジオを使う

災害に備えるためにも、ラジオは1台持ってると良いと思います。
東日本大震災のとき、情報収集で役立ったのは、NHKのテレビより 地元のラジオ放送でした。NHKテレビは、災害時の放送をスクランブル放送をしない言い訳にしていますが、私の経験では地元の民放ラジオ局の方が、ずっと生活や避難に役立つ情報やリスナー同士のお互い頑張ろうという話に勇気づけられました。

ラジオアプリから番組予約する

スマホやタブレットだと、「NHKらじるらじる」アプリがあります。
起きる時間に始める番組を予約すれば、OKです。
その代わり、目を覚ましたい時間にちょうど番組が始まることが必要です。

追記

オーストラリアのロイヤルメルボルン工科大学の発表では、ビープ音より音楽で目覚めた方が、朝ぼーっとしなくなって覚醒レベルが上がるそうです。
出典:Sound of music: How melodic alarms could reduce morning grogginess

1日を絶好調でスタートさせるには、目覚ましのピーという音ではなく、音楽で目覚めるのが良いようです。

タイトルとURLをコピーしました