牛乳寒天 水と牛乳の割合は?【男の料理】

どーも、還暦少年です。
牛乳寒天といえば、私たちの世代にとって、子供の頃食べたことのある懐かしいスイーツかと思います。私の母親も、何回か作ってくれたのを覚えています。

それが今頃になって、スーパーやコンビニで市販の牛乳寒天を見かけて時々買ったりしています。とくに、セブンプレミアムの「コクにこだわった牛乳寒天」はまろやかで美味しいです。

そこで、私も男の料理としてちょっと作ってみました。
ところが、寒天の説明書きにあるレシピ通りだと、牛乳の風味があんまりしなくて、ちょっとがっかり…。昔食べたのは、もっと牛乳がしたような…。
水と牛乳の割合を変えながら試してみました。

材料 右の甘味料は実際には使わず。普通の白砂糖を使っています

缶詰のみかんや桃を加えても良いですが、ここは味を見るためにあくまでプレーンで作っています。

牛乳寒天の作り方

粉寒天 4gを水で溶かしながら、沸騰させ、さらに2分くらいかき混ぜて完全に溶かしきります。砂糖を入れて溶かし、牛乳を加えます。容器に移して、冷えて固まったら出来上がりです。

1.水 400cc、牛乳 200cc
生乳割合 33%
寒天の説明書きにあった分量です。上に書いた通り、牛乳の風味が乏しいような気がします。

2.水 200cc、牛乳 300cc
生乳割合 60%
寒天本舗にあった分量です。
市販の牛乳寒天に「生乳割合 60%」と書いてあるのがありますが、それと同じです。
でも、1.より牛乳の風味は増したものの、市販のものや私の記憶にある味とは比べるまでもありません。

3.水 200cc、牛乳 400cc、練乳
生乳割合 67% にして、さらに加糖練乳も足してみました。
2.よりも美味しくなりました。とはいえ、まだまだです。

おかしいなと思って、クックパッドを見たら、なんと、水50ccに牛乳550ccとか、水は使わず牛乳だけとかが上位にズラリと並んでいました。

また寒天の量も半分の2gとしているものも結構あります。そうすると、市販のもののように、柔らかくなめらかになります。

うーん、「プロよりクックパッドの方が…」と思った還暦少年でした( ;∀;)

*その後、さらに水を減らしてやってみましたが、水を少なくすると、寒天が溶けにくくなります。また寒天の量を減らすと固まらないこともありますので、加減を注意する必要があるのがわかりました。

注:
反対にクックパッドを参考にしない方が良い場合もあります。
たとえば、いま旬のタケノコのあく抜きや黒豆を煮るのに圧力鍋は便利ですが、重曹を使うのは危険です。重曹から出る泡が圧力鍋の錘の穴を塞いでしまって、圧力がかかり過ぎてしまう恐れがあるからです。(最悪爆発するかも?)圧力鍋の各メーカーは、注意書きに「重曹と一緒に使わないように」表示しています。しかし、クックパッドはじめレシピ投稿サイトには、圧力鍋に重曹を入れるとするものが少なくありません。興味がある方は「圧力鍋 重曹」で検索してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました