健康アップデートに負けない!? 無料で医療系中古ドメインを取得した方法

Googleの健康アップデートから早くも2年以上が経過しました。
個人で病気や健康について書いた記事は、たとえ同病の人が励まされるような、個人の体験談や闘病記のようなものさえ、なかなか上位表示されなくなってしまいましたね。(Bingはまだ表示されますが…)

現在、健康関連記事で、上位表示を見ると、病院や企業の書いた記事が殆どです。

しかし、「●●サプリ おすすめ」のような記事の中には、アフィリエイト丸出しの記事が見られます。

そんなサイトは、先ず間違いなく中古ドメイン(しかも大抵は、jpドメイン)です。
(なかには、病院や健保組合のサイトをハッキングしたサイトさえ、上位表示されている場合があります)

ただ、中古ドメインはドメイン屋さんで買うと、高額で、気安く買えませんね。

そこで、管理人・還暦少年は、病院や医院で使われていたドメインを無料で取得することを試してみました。

下は、管理人が見つけた、閉院した某眼科医院のドメインの状態です。もうすぐ誰でも取得できるようになります。
(私は取りませんので、取得したい方はコメント下さい。メールでは対応しません)

医療系中古ドメインを無料取得する手順

1.ネットで「病院 閉院」で検索

Googleの他にTwitterも活用して、閉院予定の病院や医院をピックアップします。
Googleの場合は、検索の期間指定を「1カ月以内」くらいにして調べると良いです。
なかには、臨時の休診の場合も「閉院のお知らせ」としている場合がありますので、区別する必要があります。

検索結果を10ページほど掘っていくと、10個くらいは、閉院予定の病院が見つかるはずです。

2.閉院中や閉院予定の病院や医院のドメインをピックアップ

閉院予定の病院や医院がわかったら、そのドメインをピックアップします。

3.該当ドメインの有効期限を調査

2.でピックアップしたドメインの有効期限を調べます。
調べ方は、whois情報を調べられるサイト(例:Tech-unlimited Whois検索)でドメイン名を入れるだけです。

4.有効期限が来たら、更新されないか確認する

狙ったドメインの有効期限が経過したら、再度whois情報を調べられるサイトで、状況を調べます。
病院や医院は、お金持ちなので、閉院してもすぐにはドメインを廃止しないで数年は更新するケースもあります。
が、もし更新されていなかった場合は、To be suspended (廃止申請中)と表示されます。

有効期限切れ間近の病院のドメイン

ドメインの有効期限が過ぎても、すぐに他の人がそのドメインを取得できるわけではありません。
一定期間は取得できないようになっています。
この期間=凍結期間は、状態の表示が、To be suspended となっているわけです。

凍結期間は、jpドメインの場合は1カ月となっています。
gTLDドメイン(.com .net .org .biz .info)は、約2ヶ月~3ヶ月半となっていますが、実際には後に述べるように不可解なことが起こっています。

5.凍結期間経過後すぐにドメインを取得する

凍結期間も終了したら、すなわち jpドメインの場合、有効期限が切れて1カ月以上経ったら、誰でもドメインを取得できるようになります。
お名前.comやバリュードメインのようなドメイン取得代行を行っているサイトから、ドメインを取得します。

上の手順を実行した結果

jpドメインの場合は、上の方法でいくつかカンタンに取得できました。
競争相手が少ないのか、取得可能になってから、1週間程度経ってからでも大丈夫でした。

comドメインは取得費用が安いので狙いたいのですが、2度とも目をつけていたドメインが、中国の企業にさらわれました( ;∀;)。私の記憶では、有効期限が切れて、3週間くらいでしたので、凍結期間と関係なくドメインを取っているようなのです。仕組みがどうなっているのか不明です。

まとめ

報酬の高いサプリメントや医薬品でアフィリエイト収入を稼いでみたい方には、医療機関の中古ドメインは、1つの方法かと考えます。
ただし、おわかりのように、調べてから実際にドメイン取得するまで時間がかかります。
加えて、広告主側がアフィリエイトから撤退気味なので、この先稼げるかはわかりません。

タイトルとURLをコピーしました