ふくろうもなか(澤井珈琲)

最近、通販の買って気に入った和菓子は、ふくろうもなか(澤井珈琲)です。
いろんな人にもあげていますが、皆美味しいと言ってくれています。

ふくろうもなか

ふくろうもなか(澤井珈琲)おすすめポイント

ふくろうもなかは、コーヒーの通販でも有名な澤井珈琲が販売している最中です。最中の皮にコーヒーが練り込んであるのが最大の特徴です。

最中の皮と餡が別々になっているタイプで、食べる前に自分で餡を皮に包んで食べます。
餡は、粒あんと白あんの2種類があります。

美味しい

食べると、コーヒーの香りが広がります。これが餡の甘さとよくマッチしています。餡は甘みを抑えた上品な味です。

日持ちがする

自分で作るタイプの最中は、皆そうですが、ふくろうもなかも日持ちがします。届いたふくろうもなかの賞味期限も、3カ月から4カ月先になっていました。
ひとり暮らしの人に多めにあげても大丈夫です。

ふくろうもなか(澤井珈琲) 4つの注意ポイント

ふくろうもなか(澤井珈琲)

皮がこわれやすい

ふくろうもなかの皮はかなり壊れやすいです。他の最中の皮よりも脆いように感じます。
知人も1個知らないうちに壊してしまって、非常に食べにくそうでした。
取り扱いには注意しましょう。

餡が詰めにくい

皮と餡が別々に売られている最中は、餡を詰めるのも楽しい作業です。
が、ふくろうもなかの場合は、餡が詰めにくくて、ちょっと面倒に思う人も多いです。柔らかい餡が原因でしょうか。注意しないと餡がこぼれ落ちそうな感じがします。
塩瀬総本家の団十郎最中(袖ヶ浦最中)のように、つるりと一瞬で餡が入ると気持ち良いのですが…

売り切れが多い

隠れた人気のせいなのか、販売量が少ないのか、よく売り切れています。
販売されているのを見かけたら、すぐに買うことをお勧めします。

送料無料は、2,999円(税抜)以上

通販で買う場合は、送料がネックですよね。
ふくろうもなかの澤井珈琲の場合、通常660円かかります。(北海道、沖縄、離島を除く)。

ただ、送料無料となるのが、税抜2,999円(税込3,238円)以上とハードルは低くなっています。
ふくろうもなか8個入りが1,598円 (税込)なので、私は、2箱となにか数百円の小物を買って送料無料で買っています。

ふくろうもなか(澤井珈琲)まとめ

ふくろうもなかは、日本茶やコーヒーのお供によく合います。
お土産にも適しています。コーヒー好きに方にお勧めです。

Paypayモールでも買えるので、Paypayを使っている方はお得ですよ。

タイトルとURLをコピーしました